アドバイザー/パートナー紹介

名前 略歴 専門
松田昭博
(Akihiro MATSUDSA)
大阪大学法学部卒
University of California Berkeley Entension
(株)富士銀行(現 みずほ銀行) 
クレディセゾン:取締役兼グローバル事業部長
経営/財務
近藤哲也
(Tetsuya KONDO)
京都大学法学部卒
Georgetown University Law Center (LL.M. in Securities and Financial Regulation)
日本&ニューヨーク州弁護士資格保有
国際法務
(国際投資、国際取引)
RAYMOND KWOK
CHONG SEE
インペリアル・カレッジ(ロンドン)卒
UOBライフ・アシュアランス・リミテッド 代表
クロスボーダーマーケティング(シンガポール、中国、インドネシア、マレーシア 等)
TAN CHYE KIN

The CEO Round Table Director
Ingred Group Chairman

クロスボーダーマーケティング(シンガポール、ベトナム、中国)

 

 

松田昭博(Akihiro MATSUDSA)

[略歴]
***
大阪大学法学部卒 法律学学士(昭和58年)
University of California Berkeley Entension(平成11年)
***
(株)富士銀行(現 みずほ銀行) 入行
クレディセゾン 取締役兼グローバル事業部長
Credit Saison Asia Pacific(SG) マネージングダイレクター
Matchmove Pay (SG) 取締役
Kisetsu Saison Finance(IN) 取締役
クレディセゾン アドバイザー(現任)
世尊商務有限公司(上海) 董事長(現任)
HD Saison Finance(VN) MC会長(現任)
JK ホールディングス 非常勤監査役(現任)
現在に至る
***

[Vintage Management アドバイザー就任にあたり ]

安田さんとの出会いは前職の関係で赴任していたシンガポールでした。仕事上の接点は全くなく、所属するランコミュニティに参加した際に、打ち上げの飲みの席で隣になった事がきっかけでした。しかし、それ以降、ほとんど接点はなくFBでお互いの動向を知り合う程度のお付き合いでした。それが、急激に関係が深まったのは、彼が「日本人として世界に挑む」と言う本を出版した事がきっかけです。

FBで見かけて、日本を元気にしたいとの想いに興味を持ち早速読ませて頂き、その想いに共感し、次の人生ステージで是非一緒にやってみたいと思うようになりました。

そして、前職を退任するタイミングで再度彼に会い、その事をお話ししたところ、ちょうどその頃彼がシンガポールで取り組んでいた案件が、私のシンガポールでの人的ネットワークを紹介することでお手伝い出来る案件だった事もあり話が一気に進みました。

まさに引き寄せの法則です。

アドバイザーと言う形ではありますが、彼の想いの実現に、私の経験や人的ネットワークを活かして貢献できればと思っております。

 

 

 

 

 

 

 

 

RAYMOND KWOK CHONG SEE

[略歴]
レイモンド・クォック氏(69歳)は、現在、貿易、教育、人事などの投資・コンサルティング会社であるKwok Group LLPの会長兼社長。 また投資家、アドバイザー、メンター(指導者、助言者)しとして18以上の事業に携わり、また営業・マーケティングだけでなく事業開発も行っています。

以前はHSBC保険(資産SGD6B)の独立非業務執行取締役を務め、またGreen Well Scienceのビジネス戦略パートナーでもありました。その他にはinVentiv Health Group(40カ国以上で14,000人の従業員)のコンサルティング部門Campbell Allianceのエグゼクティブ・アドバイザーや、バイクタワーのアジア系統担当上級顧問や、CACANi Private Limitedのビジネスアドバイザーや、zeb/rolfes.schierenbeck.associatesのAPACシニアアドバイザー、そしてFLAG Capital (AUM US$5b) のアジアアドバイザリーボードのメンバーでもあり、P/Eインベストメンツ(AUM3.8b米ドル)のメンバーでもありました。またVSeeの事業開発ディレクター及びオックスフォード・エコノミクスのシンガポール代表や、レクシス・ネクシスの東南アジア代表も務め上げ、  その他にもデジタルファッションウィークの主催者であるDFWクリエイティブのビジネスアドバイザー、欧州最大級のサイバーセキュリティ企業SEC Consultのビジネスアドバイザーや、LASVITの事業開発パートナー、そしてDr Grace Kong Organizationとプルデンシャルの顧問、ブライアン・トレーシー・インターナショナル(S)のアドバイザーや、QLIPPのビジネスアドバイザーを務めていました。

1990年8月18日よりユナイテッド・オーヴァーシーズ・バンク・グループの完全子会社であるUOBライフ・アシュアランス・リミテッドの代表を務めました。2005年6月30日時点で24億8000万シンガポールドルの資産を持つUOBグループの生命保険部門の成長の先駆者としての責任を担い、2003年にUOB生命保険は、金融業界で最も高い収益成長を達成したとしてシンガポール1000 2002/2003アワードから表彰されました。 

UOBグループに加わる前は、12年間プルデンシャル・アシュアランスPLCで様々な管理職を務め、英国、マレーシア、シンガポールの事務所に赴任していました。

クオック氏はインペリアル・カレッジ(ロンドン)にて、理学士(数学)を優等で卒業し、また英国アクチュアリー協会の準会員でもありました。1996年から2001年までシンガポールのインペリアル・カレッジ同窓会(ICAAS)の会長を務め、現在も同窓会のメンバーとして活躍しています。 また、LIMRA Leadership Instituteの特別研究員でもあります。

2003年3月から2005年3月まで生命保険協会(LIA)の会長に選ばれ、会長として在任中の2年間は、非常に多忙で躍進を遂げた年でした。 LIA協会は、リスクベースの資本基準の策定においてシンガポール通貨監督庁(MAS)を支援する上で重要な役割を果たし、 2004 年 8 月にその体制で成功をおさめました。市場行動の主要分野に関する戦略を発表することで、生命保険会社の最良の基準を設定する役割を強化し、販売と助言のプロセスを大幅に改善したのです。 これらによりメディアとのコミュニケーションが改善され、金融サービス部門や特に一般市民に生命保険業界の存在感と重要な役割を広めました。クオック氏は、シンガポール保険業界の最高教育機関であるシンガポール保険大学の理事会のメンバーも兼任しており、LIA会長職の任期が満了するまでの間、同大学の理事を務めていました。

2003年2月1日付で2003年2月1日、Kwok氏は、保険者と保険者の間の保険紛争を解決するための独立したチャネルである保険紛争解決機構(IDRO)の取締役に任命されました。 また、2005年4月8日付で、金融業界紛争解決センターの取締役にも任命されました。シンガポール内国歳入庁(IRAS)の納税者フィードバック・パネルの議長を務め、英語と中国語のフィードバック・パネルを主導したほか、「GST(GST)利益供与に反対する委員会」のメンバーでもありました。


*補足*
納税者フィードバックパネル(TFP)は、IRASの主要なエンゲージメント・プラットフォームの一つであり、IRASのプロセス、サービス、新しい取り組みについてのフィードバックを得るための定期的なコミュニケーション・チャネルとして機能しているもので、地元の企業、業界、業界団体など幅広い分野の代表メンバーで構成されているもの。

 2007年から2009年までは、高級中華料理店「Huang Jia」と「Huang Ting」、カジュアルな西洋料理店「Rosti」の代表を務めました。2009年には、地元の保険ブローカー会社であるMetropolitan Broking Services Pte Ltdのアソシエイトディレクターを務め、2010年には、世界的に有名なセキュリティハウスPhillip Securities Pte Ltdの企業保険の取締役を務めました。

生涯学習するという信念を持つクオック氏は、2005年から2009年までシンガポール経営大学院(SIM)運営評議会の副会長を務め、2003年から2011年まで評議会のメンバーとして、シンガポールの一流教育機関としてのSIMの地位を継続的に向上させるための提言や助言を行ってきました。

2009年から2011年までSIM投資委員会の初代委員長を務め、Spirit of Enterprise (SOE)とKwong Wai Shiu Hospitalの理事会メンバーの一員でもありました。

 

 

 

 

 

 

 

TAN CHYE KIN

[略歴]
イングリッドの創設者であるTan Chye Kin氏は英国でMBAを取得し、18年以上もの経営コンサルタント業務の経験があります。また、シンガポール経済開発庁(EDB)および生産性基準委員会(PSBシンガポール)の支援を受けていたシンガポール企業の総合的な事業計画プロジェクトの支援活動を行い、その中の一部の企業をシンガポール証券取引所に上場させました。

またその他にも水処理、精密工学、農業、ホスピタリティ教育などの企業の地域拡大やブランド開発支援を長年行ってきた経験もあります。

Tan氏は中国西部への開拓先駆者であり、成都と四川省政府の投資促進支援を行いました。そしてイングリッドは、2012年から2013年までの期間、成都政府よりフォーチュン・グローバル・フォーラム(2013年6月成都にて開催)に合わせて、シンガポールの国際ブランドと宣伝プログラムの企画・実行を任命されました。

またベトナムでは、カントー市政府の投資促進支援を行い、ハノイで国境を越えた学習ネットワークEHD(Education & HR Development)を立ち上げ、ベトナムに進出する外資系企業の人材ニーズを満たすために、労働者に関連するスキルと知識を身につける為の支援を行いました。

イングリッド設立前の1998年まで、Tan Chye Kin氏は戦略策定と実行方法論のパイオニアとして世界的に認められている国際的なコンサルタント会社でシニアコンサルタントを務めていました。この会社の国際的なコンサルティングサービスは、米国、英国、ヨーロッパ、日本、オーストラリア、シンガポールにオフィスを構えていました。

またシンガポールの生産性基準委員会(PSB)が支援する中小企業のCEOを対象とした独占的な学習・ネットワーキングプログラム「The CEO Round Table」の取締役にも就任していました。

その他にもTan氏はいくつかの研修プログラムを実施し、国家生産性委員会(NPB)から優秀な成果に対する表彰状を授与され、またリーダーシッププログラムの開発と実施に対して、国際自由貿易連合アジア太平洋地域機構をはじめとする多くの組織から表彰状と感謝状を受け取っています。